2016.11.26 Saturday

〜ターボか?ハイブリッドか?Turbo or Hybrid?〜

JUGEMテーマ:社長日記

 

こんばんは、フリード代表の鈴木孝洋です!

 

我が家や当社の店舗でも続々とクリスマスツリーが登場し、

もうそんな季節か!と一年の早さに驚いている今日この頃。

 

先日、「スカイライン」のターボモデルである、

「200GT−t」に試乗する機会がありました。

 

 

http://www.freed.gr.jp/ucar/data/index.php?id=5639

 

これまで「フーガ」、「スカイライン」、「クラウン」、「シーマ」

といったハイブリッドのセダンに乗らせていただきましたが、

「ターボ搭載のセダン」の試乗は久しぶりの機会でしたので、

感じたことを書いてみます。

(あくまでも、個人的に感じたことです。)

 

〜ターボ モデル turbo〜

 

・普段はハイブリッド車に乗っているので、

アイドリング時のエンジン音はやや大きめに感じます。

しかしそれが、クルマらしさでもあります。

 

・ダイムラー社から供給されるターボ(過給機)エンジンは、

”低回転域”から、”マイルドに”作動する、といった感じです。

マイルドであるが故に、ひと昔前の「R34」などに搭載されていた

ターボとは全くの別物です。誰でも乗りやすいと思います!

 

・よって基本的に街乗りから、高速道路までストレスなく

乗ることができます。2000CCとなりますので、自動車税や

燃料代などのランニングコストの面でも、その恩恵を十分に

感じることができます。「車らしいクルマを!」という方でしたら、

間違いなくこのターボモデルをお勧めします。アクセルを

踏む楽しさを感じ取ることができるはずです!

 

 

〜ハイブリッド モデル Hybrid〜

 

・走行時、停車時の双方でエンジンのON/OFFがあり、

ガソリンとモーターの特性を体感できるのが「ハイブリッド」です。

クルマによってエンジンが作動するタイミングが異なるので、

慣れていないと初めは、”違和感”があるかもしれません。

 

・冒頭でお伝えしたような「ハイブリッド・セダン」には、

アクセルの”踏み具合”や「ノーマル・エコ・スポーツ」といった、

ドライブモードで走りを多彩にコントロールできるので、

気分や用途に合った乗り味が楽しめます。

 

・”好き・嫌い”がハッキリと分かれるモデルにはなりますが、

高速道路でのエンジン+モーターのなんともいえない加速感は、

一度体感したら病みつきになる人も多いと思います!

0→100舛泙任療達秒数も、レクサス「RC-F・GS-F」に

搭載されるV8エンジンに匹敵する速さです!

「スカイライン・フーガ・シーマ」などは3500ccとあって、

普通にアクセルを踏むだけでも、スッと余裕且つ、優雅な走りです。

「最新のテクノロジーを!」という方は、一度ハイブリッドに

トライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

以上、私のつたない説明ではございますが、

興味をもたれた方、もっと詳しい説明が聞きたい方は、

是非当社の各店舗まで、ドライブがてら遊びに来てください(^^)/

 

さらに詳しいお話や、現在お乗りの車の価値などを、

スタッフが親切・丁寧にお伝えさせていただきます♪

もちろん、現在はお車をお持ちでない方も大歓迎です!

ご連絡をいただければ、当社近くの駅まで送迎にあがらせていただきます。

 

それでは皆様、よい週末を!

 

See you,mate!!

 

 

PAGE TOP

プロフィール
株式会社フリード
代表取締役社長 鈴木孝洋
人生羈旅(じんせいきりょ)とは、人生という旅。人の一生を旅にたとえた語です。旅先で出会う人々との交流、刺激を受ける環境、自分と向き合う時間、まさに人生そのものです。
人生のONとOFF、どちらも大切にして、これからも長い旅を続けていきます。

カレンダー

<< November 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

検索

最新のコメント

アーカイブ

  • 株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ