2016.09.11 Sunday

〜GT-R R's Meeting 2016 in 富士スピードウェイ〜

JUGEMテーマ:社長日記

 

こんばんは、フリード代表の鈴木孝洋です!

本日は年に一度のGT-Rの祭典「GT-R  R's Meeting  2016 in 富士スピードウェイ」

に行ってきました。

 

※写真が多く、大変長い内容ですので、

お時間がある方のみ、お読みくださいませ<m(__)m>

 

 

折角の機会ですので、私も車検受けたての在庫車両である

「2013Y MODEL PREMIUM EDITION」で向かいました!

 

朝食がてら最初に立ち寄ったのは、新東名の岡崎PAです。

遅ればせながら、やっと立ち寄ることができました!

純和風の建物がなんとなくホッとするのは、私だけではないはずです(笑)

 

「パンのトラ」という美味しいパン屋さんが入っていますので、

本日のみダイエットを特例で解禁し、エビフライサンドを戴きました(^^)/

 

以前お土産でここのパンを食べたことがあるのですが、

パンの食感は口の中で蕩けるような感覚です。

フワッと軽いので、二個、三個と連続で頬張れそうです(笑)

 

ちなみに以前の私は、朝食はなぜかパンを二つも食していて、

体重も80キロオーバーでパンパンでしたので、

今は原則パンは食べないようにしています!

今日のような、”イレギュラー”のときだけです。。。

 

大きな渋滞にも填らず、無事に到着しました!

天気は、今にも雨が降りそうな模様でした。

 

車検整備を受けたばかりの車両ですので、調子はすこぶる快調です!

 

R35での、往復約500キロのロングドライブは本当に快適で、

直線からコーナリングまで、

改めてGT-Rの運動性能を垣間見る機会となりました。

 

ドライバーの意思通りに走ることのできる、優秀なクルマであります。

特に高速走行での安定感は最高です、

ハンドルを”しっかり握り占める必要がない”、

そんな感覚です。

 

私が駐車した会場は本会場から、かなり離れた駐車場でしたが、

それでも止まっている車の多くは、各年代のGT-Rばかりでした。

 

こちらの駐車場は、各世代ごとのGT-Rがおおむね揃っており、

オーナーズクラブさんの集まりかもしれません。

 

本会場に近い駐車場です。車もギャラリーの方も沢山です。

 

本会場に辿り着いたころ、ちょうどサーキットランを行っていました。

家族連れのご一行様からカップル、私のようなお一人様まで、

昼になるとかなり賑わってきました。

外国人の方も多く、GT-Rのグローバルな人気は計り知れません!

 

メイン会場、最初のブースは「GLOBAL AUTO」さんです。

カスタム車両からノーマル車まで並んでいます。

 

[

こちらは、錆びついたボディやシャーシのレストアを得意とする、

「ガレージ ヨシダ」さんのブースです。

 

各年代別・チューニングメーカー別のエンジンの模型を

販売するブースです!

実車のブースに負けない勢いで、

軒並みお客さんが入ってみえました。

 

コンピューター等の後付けパーツで有名な、

老舗「マインズ」さんのブースです。

 

当社と同じ、愛知県の「KUHL RACING」さんのブースです。

ド迫力のエアロを纏ったR35を二台展示されていました。

 

メインのブースにて、

メーカーからは、話題の2017Y MODELのR35が展示してありました。

フロント周りが大きく変わり、シャープな顔つきになりました。

 

こちらは2017Y MODELの「GT-R NISMO」です!

国内仕様がまだ未生産?なのか、

海外向けの左ハンドル仕様でした。

 

人だかりの中では、R33・R34の開発主管をされていた、

渡邊衡三さんが、沢山の方のサインに応じていました。

 

こちらが、2017YMODELのインテリアです。

ステアリングのデザインやディスプレイの形状など、

今までで一番大きく変わったのではないでしょうか。

 

こちらは、R33開発主管の田口浩さんです。

ファンの方のインタビューに応じていました。

 

R35の取り扱いで有名な「クラフトスポーツ」さんの

ブースです。

 

スタッフさん総出で設営をされており、声出しも大きく、

意気込みが伝わってきました。

お忙しい中でしたが、マネージャー様が快く挨拶にも応じてくださり、

大変参考になりました。

 

以下は目に留まったGT-Rの写真です。

R35 NISMOにもある、「ダークマットグレー」のR34です。

 

こちらにも、2017Y MODELが展示してありました。

 

「HKS」さんのR32です。斬新なデカールですので、

幼少期に本などで見た記憶が蘇りました。

 

レーサーによる、トークイベントです。

盛り上がっていました!

 

4台ほど、販売向けの「中古車」が展示されていました。

 

走行5000キロの「V-SPEC Nur」は、なんとこのプライスです!

当時の新車価格のおおよそダブルの金額です。

 

以下は「愛車撮影会」というコーナーにエントリーされている

GT-Rの写真です。

エントリーすると、メイン会場の前に駐車できるようです。

 

 

 

以前からこのイベントがあることは知っていましたが、

今回初めて参加してきました。

 

当社も長年GT-Rを取り扱って商いをさせていただいている以上、

トップとして、何か今後のビジネスに繋がるモノを得たいと思い、

楽しみに向かいました。

 

道中も含めて、色々考えることができ、有意義な時間となりました。

 

細かな感想は言い出したらきりがありませんが、

おそらく今日も、500台前後はGT-Rが終結していたものと思われます。

道中も沢山、各世代のGT-Rを見かけました。

 

とにかくここまで、30年以上も不動の人気で、

色褪せない国産車は他に思い浮かびません。

 

・GT-R=人々(ファン)を魅了し続ける車

 

ということを再認識できたのが、何より一番の収穫です。

 

先ほど帰宅し、頭の中がまだまだ整理しきれていませんので、

またGT-Rの話題は次回以降で書きたいと思います。

 

それでは、See you,mate!!

コメント
コメントする








   

PAGE TOP

プロフィール
株式会社フリード
代表取締役社長 鈴木孝洋
人生羈旅(じんせいきりょ)とは、人生という旅。人の一生を旅にたとえた語です。旅先で出会う人々との交流、刺激を受ける環境、自分と向き合う時間、まさに人生そのものです。
人生のONとOFF、どちらも大切にして、これからも長い旅を続けていきます。

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

検索

最新のコメント

アーカイブ

  • 株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ