2018.09.30 Sunday

〜かわりどき〜

こんにちは!

 

 

 

10月が始まり、薄手の布団では

少々肌寒くなってきました🌞

期でいうと、一昨日前から

「下半期」がスタートしましたね

 

 

 

今月は社員のみんなと、

前半の振り返りと後半戦に向けての

取り組みを共有します。

 

 

 

 

私はというと、公私において

まずまずの上半期でした☺

家族、社員のみんな、

いつもご縁をいただいている企業様や

経営者の仲間が成長し

続けてくれるからこそ、

自身もパワーをもらいながら

づかせてもらい、

学ばせてもらっています✌

 

 

 

 

5月から始めた、

通称「経営者としての体力作り」も、

仕事同様ぼちぼちやっておりまして、

ぜい肉が減っていく歓びを噛みしめながら、

毎朝の体組成計から湧き出る数字に、

一喜一憂している私です☆

 

 

 

 

”まずまず”、”ぼちぼち”な私ですが、

年間の仕事に”締め(≒決算)”はあっても、

終わりはないので、走り続けれるよう、

これからも心身ともに

健康で突っ走れるよう、

お力を借りながら、

いい状態を作っていきたいと思います!

 

 

 

ここからが本題です!

 

 

 

9月度は多くの事業者にとっては、

中間の「締め」の場合が殆どですが、

多くの日本人の楽しみの一つでもある、

「プロ野球」もほぼシーズンの試合が

終了し、一つの締めの時期だと思います!

 

 

 

ご存知の通り、多くの選手達にとっても

まさに「かわりどき」と言えます。

 

 

 

ペナントレース優勝、もしくはリーグAクラス

のチームはプレーオフシリーズに向けて、

照準を合わせていきますが、下位のチームは

すぐに秋季キャンプに入るのが通例です。

 

 

 

それと同時に気になり見入ってしまうのは、

「引退」のニュース😢

 

 

 

今シーズンも松井稼頭央選手や、

杉内俊哉投手をはじめとする

多くの有名選手が引退を発表しました。

 

 

 

そして地元の「中日ドラゴンズ」においても、

浅尾拓也投手、荒木雅博選手、

岩瀬仁紀投手のスター選手をはじめ、

ここ数年は一軍での出場機会

激減していた野本圭選手が

引退する事となりました。

 

 

 

どの選手の引退も非常に寂しいですが、

1984年(昭和59年)世代の私としては、

浅尾・野本両選手の引退が特に残念です。

 

 

 

浅尾投手は、言わずと知れた

「イケメン」であり(笑)、

落合監督時代の最強セットアッパーでした。

出身も愛知県で、身長体重も私と殆ど変わらず、

誕生日が一カ月と変わらないと理由から、

一方的に親近感が湧いていました☺

 

 

 

まさに

 

 

 

「絶対絶命」のときに抑える力、

本当に大変な場面で投げ抜く体力と精神力

 

 

 

に、とても勇気づけられました✨

 

 

 

沢山ある中でも好きなシーンの一つが、

こちら‼

鳥肌が立ったのを、今でも忘れません。

 

 

 

 

 

 

こちらが先日の引退試合でした。

 

 

 

 

そして、野本選手は決して目立つタイプの選手では

なかったですが、いつもひたむきな姿勢とスマイルに

元気をもらっていました。

 

 

 

2010、11年頃のドラゴンズと言えば、

今でも活躍している大島・平田・

藤井選手に加えて、不動の和田一浩選手、

英智・現二軍コーチや堂上剛裕・

小池正晃選手など、錚々たる

外野手陣営の中でしたが、

攻守にわたり黄金時代を支えた

メンバーの一人です。

 

 

 

最後も、ヘッドスライディングで、

当時の応援歌にもあった

「闘志」を見せてくれました。

 

 

こんな若々しい同世代二人の引退宣言から、

9月度は感慨深いひと月になりました。

 

 

 

まさに「かわりどき」だなと思えるときでした。

功績がありとドラゴンズ一筋のお二人ですので、

きっと引退後も、いい形で活躍されることと思います。

 

 

 

全くフィールドは異なりますが、

私たちもいつかくる将来に、

「いい締め」ができるように、

 

 

 

今から「考えながら、動く」ことを意識して、

行動してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

という、お話でした。

JUGEMテーマ:社長日記

コメント
コメントする








   

PAGE TOP

プロフィール
株式会社フリード
代表取締役社長 鈴木孝洋
人生羈旅(じんせいきりょ)とは、人生という旅。人の一生を旅にたとえた語です。旅先で出会う人々との交流、刺激を受ける環境、自分と向き合う時間、まさに人生そのものです。
人生のONとOFF、どちらも大切にして、これからも長い旅を続けていきます。

カレンダー

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

検索

最新のコメント

アーカイブ

  • 株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ